2017年4月16日日曜日

芸術と救済

 「芸術と救済」というタイトルは仰々しいが、今回語るのはあくまでも私の個人的な経験に基づく経験や考えだ。私はここ数年ずっと創作(しかも作曲)に拘ってきた。そこに至る経緯と思いを節目として吐き出して置こうと思いこの記事を書いている。


 私がニコニコ動画とSoundCloudに投稿したオリジナル(14曲)、カバー(2曲)である。これらはここ3年ほどの間に投稿を続けてきたものだが、実際にはこれらの曲のほとんどは20年以上も前に作曲したものであり、実際に公開される間には長い年月が経過している。ゆえにこれらは新曲でありながら古くもあり、時代をへて考え方や生活もだいぶ変わったはずの「私」が作ったという少し奇妙な経緯を辿っている。


 20数年以上も前、私はローランドのD20という簡単なシーケンス機能付きのオールインワンタイプのシンセサイザーをつかってとにかく曲を作ろうと四苦八苦していた。そのころ私はフリーターで、自分に何ができるのか何をすればいいのかよくわからず、とにかく何か作品(創作)をやろうとやたらにいろんな事に手を出していた。漫画を描こうとしたり、小説や詩の記述、さらには作曲といったぐあいだ。

 ちなみに漫画は一作試しに書こうとしたが作画作業はとても地道で時間がかかり、また自作のあまりにもつまらなさにすぐ挫折した。小説は試しにいくつか短編と中編を書いたが投稿では引っかからず、ネットで少し公開したがあまりパットしなかった。だが音楽はなかなかうまくいかないにも関わらず中では一番時間をかけて続けていた。
 なぜに作曲にこだわったかというと、私は不器用で演奏がまったくうまくならず、また人混みが苦手でライブしたいという気もあまりなかったので、機械演奏を前提にとにかく新しい曲を音楽を作ろうと思いついたフレーズを片っ端からうちこんでいた。
 当時は友人とバンドを組んでいたのもあり、いくつかは友人の力で楽曲を完成させたものもある。だが大半は完成に至らなかった。大量に打ち込んだフレーズ、あるいは書きかけの歌詞はテープの中に保存されたが、いずれも片隅に追いやられていった。そしていつしか私も会社勤めをするようになったあたりから時間に終われるようになり、創作活動から遠ざかっていった。


 それから約20年が過ぎた。創作を辞めてからの間、それでも私はやはりいつかもう一度創作をする事を夢見るようになっていた。創作などしなくても日常で何も困らない。いまさらプロになって稼ぐというのも現実的ではない。では、どうして創作をもう一度やろうと思うようになったのか?
 その理由は「私が自分の人生を持て余していた」からだ。創作をしなくなって長い。だが創作をしない(しなくて良い)と決めたところで、結局のところ私は他に何をすればいいのかわからなかった。空いた時間、空いた目標をに何を埋めていいか解らず、結局のところは自分の人生をどう生きていいのか解らずに持て余して過ごしていたからだ。

 ちなみに私は過去にブログで書いたこともあるが、どちらかというと社会不適合者である。現在の時代に若い私がいたら必ずアスペルガーか何かの診断をされたことだろう。だが幸いなことに仕事は普通にできるのでいちおうは社会に溶け込んでは暮らせている。
 だがそれでも正直に言わせてもらえば、私にとっての社会は窮屈で退屈なだけの場所だった。長年生きていると学習するので他の人間の事も少しずつ理解できてくる。何が伝わって何が伝わらなかも解ってくる。でも私が誰からも理解されない、理解されない私の姿が残っていることには変わりはない。なので私は常にどこかで人間のフリをして過ごしているような居心地の悪さを感じていた。どうにかやってはいけている、だが世間とはどこかしっくりこず、正直に言うと生きる事が面倒でしょうがなかった。
 そんな私だからだろう。人生がつまらない、安住できる(私が理解されるような)居場所もない。何か人生の目標やテーマがどうしても必要だった。そしていつかもう一度創作を始める日々を夢見るようになった。いつか物語を書こう、新しい曲を作ろうと。だがそれを実際に始めるには長い年月ときっかけが必要だった。


 私がもう一度創作(楽曲)に取り組もうと思い腰をあげたのは、実は3.11大震災・原発災害が起きた事に影響されている。私にとっての3.11は何度かブログにも書いたが、それは平和な日常の終わりであり、リアルに自分が死ぬ、または滅んで逝く者である事を実感する体験となった。だからこそ、人生は有限であり、創作をするならば今やらねばできないと思い立つようになった。
 ではなぜ特に音楽に拘ったかというと、ずっと昔作ったフレーズの残片が20年以上たってもいまだに頭の中に残っていた。未完の作品たち、それらはあたかも亡霊のようだ。頭の片隅で常に微かな囁きを続ける。ゆえにいつしか私は、自分が救済される為にはこの頭に残った亡霊を一つ一つ供養するしかないのではないかと思うようになった。
 またボカロという存在も大きい。楽曲に歌(声)を入れるということが一人でコンピュータさえあれば可能になった。これは私にとってはワクワクすることで、自分の曲は初めて声として聞けるというのは考えるだけでたまらない魅力だった。なのでDTMまったく解ってないのにとにかくソフトを買い集めて作曲に打ち込んだ。
 しかし実際に本気でやって初めてわかったのは作曲とはものすごく奥が深くて難しい。特にアレンジは巨大な学問そのものである。膨大な音楽知識、楽典、楽器、音響、加えてソフトの操作やテクニックなどまであり気が遠くなるような思いだった。
 だが私はそれでも執念で取り組んだ。それは今度こそ本当に救われたい。頭の中の亡霊を一つ一つ供養することで初めて自分も解放(それは死かもしれない)にたどり着けるのではないかと考えたからだ。そして現在公開している16曲ができた。

 まだいくつか作りかけの曲がある、それに新たに作りたい曲やカバーしたい曲もある。時間ができればいずれそれにも取り組みたい。だがどうしても公開したいと願っていた曲はだいたい出来上がった。結果的にあまり再生伸びなかったし評価もされなかったが、それでも私にとっては多くの亡霊を供養できてかなり楽になった。

 ちなみに自作曲は自分ではよく聞いている。自分で作ったからなのか不思議と心が休まる気がする。そういう意味では自身の救いには役立っている気がする。このブログもいったん言葉にしてしまった事で安心する解放される事につながっているように思う。芸術には祈りや告解のような解放のような側面もあるのではないだろうか。時には創作(産む)というのはとても苦しい作業だ。だがそれでも祈りに近いその行為は、行為そのもには救いや解放の側面もある気がする。

<作品リンク>
SoundCloud

ニコニコ動画

<曲名リスト>
・【GUMI】もしも世界が【オリジナル】
・【GUMI】天使になろう【オリジナル】
・【初音ミク】存在しない僕らのイタミ【オリジナル】
・【GUMI】憂鬱の卵【オリジナル】
・【初音ミク】忘却のワルツ【オリジナル】
・【初音ミク】散歩 ~夏の終わり~【オリジナル】
・【GUMI】不思議の湖【オリジナル】
・【GUMI】Beutifull is Power【オリジナル】
・【GUMI】追憶【オリジナル】
・【初音ミク】桜舞い ~陽炎の中で~ 【オリジナル】
・【GUMI×MIKU】アジア黄河【オリジナル】
・【初音ミク】雨上がりの夕暮れ【オリジナル】
・【GUMI】何かが起こる!?【オリジナル】
・【GUMI】忘れ去られた死について【オリジナル】
・【MIKU】バッハ メヌエット ト長調<ロックアレンジ>【カバー】
・【GUMI】天には栄え(クリスマスソング)【ロック風カバー】