2014年12月30日火曜日

人生の転機について考える ~赤毛のアンより~

 最近ふと「赤毛のアン/モンゴメリ」を読み返す機会があって、そのときに、ふと考えこんだ事について書き留めておく。ちなみに「赤毛のアン」は有名すぎる作品で、名作アニメで現在も放映されているぐらいなので、物語についての説明は全て割愛する。


 私は久々に、多少の訳があってかなりじっくりとこの作品を読み返した。すると過去に読んだ時には、あまり気に留めなかった下記の2つのシーンがとても印象に残った。

 1)マシュー・マリラの兄弟が、アンを引き取る決心をするシーン
 2)マシューの死後、マリラを支える為にアンが奨学金による進学をあきらめる決心について


 まず、1)のアンを引き取る決心をするエピソードは、それまで二人だけで特に不自由もなくのんびりと暮らしていたマシュー・マリラの兄弟のもとへ、間違いで男ではなく女のアンが来て、マシューがアンを引き取りたいと言った際に、マリラが驚いて反論した際のセリフである。
 マリラ 「あの子がどれだけわたしたちに役立つとおもうんですか?」
 マシュー「わしらがあの子の役に立つかもしれないよ」

 ここでのマシューのセリフは、それまでのマシュー・カスバートという人物について考えると驚くべき飛躍である。マシューは酷いハニカミ屋で、どちらかというと他人を避けるように暮らしてきた人であり、善良ではあったが、とうてい誰かを積極的に助けようとするような人物ではなかったからだ。
 それにアンが来たのはあくまでも間違いであり、この点については何の責任もない。だが責任うんぬんという話を除いて、ここでマシューは進んで誰かの為に立とうと考え、それまでの自分の枠を超えた一歩を踏み出すのである。

 つづいては、当初はアンを孤児院へ戻すつもりだったマリラが、アンが代わりにケチで評判の悪い家に奴隷代わりのような扱いで引き取られそうになる局面にきて、ついにアンを引き取る決心をしたシーンである。この時にマリラは心の中で次のようにつぶやく。
 マリラ「マリラは、もしその無言の訴えをしりぞけたなら、きっと生涯つきまとわれるだろうと思って・・・こんな女に、繊細な、神経過敏な子供を渡すのだって! いやいや、そんな無責任なことはできない!」
 ここではマリラもマシュー同様に、大きな飛躍をする。自分達の損得という枠を超えて、そうあるべきと思われる道を選んだ。そしてそれまでの自分達だけの生活から一歩踏み出し、初めてあった孤児の為に行動するのである。

 この二人の決断は、それまでの「自分たちの為(あるいは自分たちの枠内)に生きる」から「誰かの為に生きる」事を選ぶという、とても大きな飛躍である。そして、この決断が二人の人生を変える。

 アンが来る前は、平穏であっても、何の味気もない繰り返しのような日々を暮してきた二人だが、アンが家族になる事によって日常が変わる。アンへとの愛情から喜びが生まれ、生活に驚きと楽しみが生まれ、日々が豊かになることから幸福へと繋がってゆく。もちろん、それまで孤児で踏んだり蹴ったりだったアンの人生も劇的に改善する。家族からの愛情を得て、教育される機会を得て、良い友達や人たちに巡り合う機会を得るのである。


 そして、もう一つが2)のアンが進学をあきらめるくだりである。マリラはマシューの死と銀行の破たんという苦境に立ちながらも、家を売ってアンの進学を支えようとする。だがアンは奨学金を辞退して進学をやめ、代わりに地元で教師になってマリラを支える決心をする。
 これは、アンの人生における大きな決断である。詳しい事情を知らない人の中には、奨学金で有名学校へ進学できるという破格の機会をみすみす棒にふったアンを愚かだと言う者もあった。それにマリラは多少無理をしてもアンを進学させる気があったから、アンは進学を選ぶという選択もありえたはずである。
 だがアンはあっさりと進学を止めて、地元で教師になる道を選んだ。それは目の前の進学という野心ではなく、家族であるマリラを支え、思い出ぶかい故郷であるグリーンゲイブルズを守るという事を選んだということである。

 これは一見するとアンは損な選択をしたように見える。だがその勇気ある決断は、育ててくれたマリラの恩に報いるだけではなく、長年仲たがいしていたギルバートと和解を導き出し、さらには親しい者たちからの尊敬と、自身の誇りを得ることにも繋がったのである。


 この2つの印象的なシーンについて、モンゴメリが意図していたのかどうか解らないが、私には次のような教訓に思えた。

 「自分の為に」という枠を超え、「誰かの為に」という一歩を踏み出すという事が、真に幸福を得る道ではないか


 そして物語を読み終えて、現実世界にもどった際に感じたのは、同様に「自分の為に」という枠を一歩超える事が、現在の現実世界でも起こっているあらゆる問題解決を行う為の鍵ではないのかという事だ。

 教育のせいなのか、文化的なものなのか解らないが、一般に我々は「目先の損得」に固執しすぎ、そのおかげでかえって多くの場合に問題を引き起こしてデメリットを得ている。さらには「損得で得」を選び続けているつもりで、最終的な結果から見れば「とてもツマラナイ人生」を送っているのではないかと思うことがある。

 「損得」と言っているものも、所詮は数多くある価値観の一つに過ぎず、この世には「決して代替えできない物」が沢山あるにも関わらず、なのに私たちは「ちょっとでも損だと思う選択」を恐れて本来あるべき勇気ある決断ができないでいる。・・・そんな事を考えさせられた。


 最後に、久々に読み返した「赤毛のアン」は、読めば読むほど新しい発見があり、物語に描かれる豊かな世界やユーモアなど本当に素晴らしい本である。なお今回書いた2つのシーンについての考察だが、自分でも何でもっと早く(何年か前にでも)こういった事に気が付かないのかなと多少悔やまれる。この年にならないと、こんなシンプルな事に気づかないとは・・・自身の未熟さが痛感させられる。
(もっと早く解ってりゃ、もう少しマシな人生をおくったかな? なんてね)


<補足>
・セリフの引用は電子書籍版「赤毛のアン/中村佐喜子訳」からのものです。

2014年12月28日日曜日

正月休み向けのマニアック映画ベスト10

「唐突だけど、これからここに私がお勧めする好きな映画のベストテンを上げる事にした」

 なんでこんな事をしようかと思ったかというと、こういった連休前にはお勧め映画ベストテン的なものを多く見かけるが、そういったものに納得した試しがないからだ。どう納得しないかというと、それらはなんか映画業界がこうあって欲しい、またはあるべきだと思っているベストテンだったり、あるいはいかにも万人受けしそうな無難な映画や解りやすい映画を選びすぎているきらいがあり、まあ要するに「それって大人の事情で選んだベストテンでしょ」みたいな感じがして嫌なのだ。

 なので、ここでは私が独断と偏見に満ちた視点より全ジャンルの映画から10個を選ぶ事にした。ややマニアックかもしれないが、それ故に「見た人が面白いとおもうかどうかは解らないが、一度は見る意義があるだろう」というような、それぞれの意義やインパクトによって選ぶ事にする。また、ほとんどの人が見ているだろうと思われるようなメジャーすぎる映画はあえて除外した。

<ベスト10:年代順で優先度とかはない>
・「華氏451」1966年、監督:フランソワ・トリュフォー、SF映画
 レイ・ブラッドベリ原作のSF映画。本を読む事が禁じられた超管理者会をテーマにしたもの。古いSFなので映像技術などは現在と比べられないが、見てると不思議に引き込まれる。逆にCGなくてもこれだけ面白いSF創れるという意味で一回は見て欲しい映画。

・「ドリトル先生不思議な旅」1967年、主演:レックス・ハリソン、ミュージカル・コメディ映画
 動物の言葉を理解できる医者(ドリトル先生)をテーマにしたコメディ。とりあげた理由は、コメディなのだけども、とても上品で優雅でクールなんですね。こんなクールなコメディが日本でも創れたらいいのにとおもうけど、永久に無理かもしれないな。長い、けど面白い。ああ、こういう笑いもあるのだという意味で押し。

・「モンティ・パイソン・アンド・ナウ」1971年、コメディ映画
 有名なイギリスコメディのシリーズ。全部が全部支持できないのだが、不思議ともう一度みたくなる。個人的にはテレビ版の方がすきだけど、映画版として一つあげておく。私が好きだったのは「第127回 上流階級アホ決定戦 」で、これだけでももう一回見たい。

・「エル・トポ」1971年、監督:アレハンドロ・ホドロフスキー、ジャンル説明不可
 カルトムービーとしては超有名。グロ注意なので、苦手な人は無理かもしれない。だがここに挙げたのはグロいからではなく、この映画はそれだけでは説明できない、何か哲学的というか深淵さというものがあって、ゆえに見て欲しいという気がする。ただし前もって言っておくと、強烈すぎて1回見ただけでは何がなんだか解らない。私も二回みて、ようやく中身を落ち着いて理解できたような映画です。

・「ストーカー」1979年、監督:アンドレイ・タルコフスキー、あえて言えばSF映画
 映像美で有名なタルコフスキー監督、他にも色々あるけどこの人の作品は物語として理解しにくい。だがこの話は好きです。でも一般にはあんまり理解しやすくもないと思うので、あんまり細かいストーリーとか考えずに無心で見てもらえれば良いと思います。

・「ウォリアーズ」1979年、監督:ウォルター・ヒル、バイオレンス映画
 この映画は独特で子どもの時に一回みて頭に焼き付いた。大人になってから見直したが、やっぱり面白い。古い作品だが、まったく時代を感じさせない、バイオレンスなのにどことなく美しさすら感じるという、これぞ名画の魔力。

・「ガンダーラ」1987年、監督:ルネ・ラルー、アニメ、SF映画
 ルネ・ラルーは独特のデザインで有名なフランス映画監督。この映像は強烈。グロいというのとも違うが、従来の常識を打ち破るような凄さ。個人的には最も凄かったのは「ファンタスティック・プラネット」の方だけど、「ガンダーラ」の方が一般には理解しやすいとおもってこっちを挙げました。アート系に興味のある人は、ぜひとも一度は見ておいて欲しい。 

・「JM」1995年、主演:キアヌ・リーブス、SFサイバーパンク映画
 これはSFアクション映画の傑作。ストーリーも映像も文句なし。娯楽映画としても十分に楽しめるので、見た事無い人にはお勧め。

・「イノセンス」 (INNOCENCE) 攻殻機動隊 2004年、アニメ、監督:押井守
 これは全体的に結構暗い雰囲気の映画なのだけども、不思議に魅入られるようになんども繰り返しみた映画。なかでもセリフが良くて、名言となるようなセリフや引用が多く含まれている。

 上記まで、あえてマニアックっぽい(あんまりメジャーじゃないかもしれない)映画を10個あげてみました。それぞれ、かなりインパクトの強い映画なので、年末年始のTVがつまらないときに見てみることをお勧めします。ただし難点は、マニアックっぽいので近所のTUTAYAには半分も置いてないかもしれません。

 以上、あえてマニアックな映画紹介でした。

<余談:メジャー映画のお勧め>
 元気がでるようなコメディならば、これがお勧め。 
・「パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー」1998年、主演:ロビン・ウィリアムス  
・「クロコダイル・ダンディー」1986年、主演:ポール・ホーガン

 王道としての娯楽映画、イーストウッドファンならばこれがお勧め。
・「ペイルライダー」1985年、主演:クリント・イーストウッド
・「ハートブレイク・リッジ」1986年、主演:クリント・イーストウッド

 社会派として見るならば、最近のアメリカでの黒人少年射殺事件を背景にしても、この映画を見ても良いかも。ジーンハックマン好きだけど、なかでもこれがお勧め。
「ミシシッピー・バーニング」1988年、主演:ジーン・ハックマン

2014年12月6日土曜日

2014年総選挙という重要な選択

 ネットで「総選挙の争点は安倍首相の存在そのものだ」というのを読んだ。これはまさに上手い言い方で、私もそれを使わせてもらおうと思う。正直言って私はこの選挙の結果については悲観的だが、それでもこの選挙はとても重要なもので、おそらくは今後の日本の将来に対して大きな影響を与えると思われるので、記録として自分の考えを書いておこうと思う。

 ちなみに、選挙の争点は「アベノミクス」だと言っているが、これは安倍総理が勝手に言っているだけで、何が争点なのかは本来は国民が決めるものだ。そして安倍総理が行っていた、あるいはこれから行おうとしている政策は、ただの経済政策には留まらない、むしろ日本のスタンスやあり方そのものが問われるような物が多い。ゆえに争点は「安倍総理」そのものと言うべきなのは当然の事である。決して「景気」だけの問題ではない事を、多くの人が認識する必要がある。


<安倍総理の行った/行うとしてきた政策について>
 アベノミクスも含めて思いつく安倍総理の実施したまたは出来なかった政策を、私的に重要だと思うものからあげると次のようになる。私的な見解としては、以下のどれもが迷惑な話で、今後日本を数十年にかけて足かせをかけて立ち直れなくするような物ばかりだと思っている。
(安倍政権のまずさは、現在のまずさではなく、将来にずっと足を引っ張るようなまずい政策を次々と実施しているという点だ)

1.秘密保護法、メディアの報道規制的な行為
 民主主義からの大きな後退、今後はますまずロクでもない政策がしやすくなるだろう。

2.集団的自衛権
 アメリカ追従で世界紛争地帯への割り込み。日本の平和ブランドイメージの破壊+国内をテロにさらす危険を生む。

3.TPP交渉
 国家主権を放棄してグローバル企業に権限を譲渡する行為。当然国民としてのメリットはないし、近い将来は国民を守ってくれるものは何もなくなるだろう。

4.原発再稼働
 事故がおきても責任もたない事を見込んでの再稼働。事故がおこれば次こそは国家的に壊滅しかねないのだが・・・。

5.リニアモーターカー計画の施行
 そもそも新幹線の数倍エネルギーを消費するリニアなどは、経済的な合理性がまったくない。膨大な環境破壊の末に、巨額の負債をだして税金で埋め合わせするのが目に見えている計画。

6.アベノミクスなどの経済政策
 円安政策、消費税増税など。政権を維持する為に、既得権益組織に全てに対する超バラマキ政策である。モルヒネを打って快感に浸るような政策だが、その反動で数年たてばおそらくは大苦境に陥るのは目に見えている。

7.オリンピック招致
 そもそも経済ガタガタで原発などの不安要因がある中での実施は意味がない。これもバラマキの一環なのかもしれないが、正直言って何がしたかったのか分からない。オリンピック工事の為に、むしろ東北の復興が遅れるという事実もあるようだし、将来的に大きな負債になりえるはなし。最近の情勢からすると、2020年を迎える前に国家破産しかねず、弱った国家にダメ押し的な一撃を与えるような政策。


 私は正直言って安倍政権が何を目指しているのか分からない。むしろ某国のスパイで、効率よく国家を解体していると考えた方がすべての行動につじつまがあうと思えるぐらいに、行動に一貫性がなく、また国益に繋がらない政策ばかりを実施している。過去にもろもろとブログで書いてきたけど、正直言って批判する事すらもう疲れた。

 だが次の選挙は、それゆえに重要な選択となる。できれば自公での過半数は割って欲しい、それすらダメならばせめて安倍総理には退陣をしてほしい。だから、みなさん頑張って選挙にいってなるだけ自公を落とすように投票をしてください。


<参考リンク>
総選挙の争点は安倍首相の存在そのものだ